S 乾燥肌対策委員会-乾燥肌徹底対策




乾燥肌徹底対策





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


ようこそ、乾燥肌で悩むみなさんのオアシスへ。

乾ききった大地(肌)に、潤いを与えてあげましょう。

そうすれば、枯渇した大地でも、また緑でいっぱいになる時がくるのです。

まずは詳しい方法を見ていくことにしましょう。

sponsored link




乾燥肌とはその名の通り、皮膚が水分を失っていることによって皮膚が乾いている状態です。

通常ですと皮膚の表面には皮脂が膜をつくっていて、外部からハダに加わる刺激を防ぐ役割を果たしています。

ですが、乾燥肌である状態にあると、水分が足りないために刺激が皮脂の膜を突き破って角質層へ到達し、さらに角質層をも突き抜けて皮膚の内側にまでダメージを与えてしまうのです。

「冬に空気が乾く」というイメージが抱かれがちですが、タイミングとしてはその通り、気温が下がり空気も乾いてくる秋から冬にかけて、皮膚も乾きがちになるのです。

乾きは、美容の大敵とも言われています。

潤ったハダを保つことこそ、美容への第一歩ともいえるでしょう。

? 乾燥肌とは?





乾燥肌になってしまう原因は、単純に特定することのできないものです。

原因によって治療などの方法も異なったものになる場合があるため、安易な自己判断を行うことは危険です。

乾燥肌の原因として考えられるもののひとつが、先天的な要因です。

本人の生活習慣が悪いといったことが理由となるわけではなく、遺伝による体質のためであるということです。


? 乾燥肌の原因





乾燥肌の対策としては、発症してしまっているものに対する対策、乾燥肌になる前から予防として講じておく対策があります。

乾燥肌は、ある日突然に発症するというものではありません。

少しずつ皮膚にダメージが蓄積されていくだけの要因があるわけですから、原因を排除することによって発症を防ぐことのできる可能性もあるということです。

対策を的確に行うためには、発症する原因に見合った対策を考えることが必要となります。

? 乾燥肌の対策





乾燥肌になると、「かゆみがつきもの」であるともいわれています。

皮脂などが不足することによって皮膚の水分も蒸発してしまい、刺激に対して敏感になってしまうことが原因にもなっています。

周囲の環境が乾燥しないように工夫すること、また脂質などを補給するための食事を考えることなどによって、かゆみをまねく皮膚の乾きを防ぐことにもなります。

何より、かゆいからといってその部分をかいてしまうことはもっとも良くありません。

? 乾燥肌からくるかゆみ

かゆみについてもっと詳しく
? かゆいバスターズ



乾燥肌はかゆみをともなうものでもあり、症状としては非常につらいものでもあります。

かゆみ止めにはステロイドなどの薬剤が使用されることになりますが、副作用があるという話もあり、使用することに躊躇してしまう方も少なくありません。

そこで、治療の糸口を漢方に頼るという方もいます。

すでに症状が起こっていて、治療手段として漢方を使用したいという場合には、アロエや甘草といった成分が配合されているジェルを患部に塗布するなどすると、かゆみをやわらげることができるでしょう。

? 乾燥肌を漢方で治そう





乾燥肌という状態においては、皮膚の表面にある水分や皮脂の量が少なくなっています。

皮膚が乾いてかさつきがちになっていますので、どうしてもシワもできやすくなります。

また、老化も乾燥肌の原因であるとともに、シワの原因でもあります。

アンチエイジングのための対策が、シワとともに乾燥肌を防止することにつながる可能性もあります。

? 乾燥肌に伴うシワ





乾燥肌となる原因として、老化も関係しているのですが、大きく老化といっても現象としてはさらに細分化されます。

体内のホルモンバランスの変化も、そのひとつとして挙げることができます。

加齢にともなって、分泌されるホルモンの量が減少してくることが肌に影響を与えるのです。
中でも乾燥肌に関連するものが、女性ホルモンである『エストロゲン』です。

? 乾燥肌とホルモンの関係





乾燥肌について以前よりも話題に取り上げられることが多くなったのは、このような症状になる方の数が増えたことが理由でもあります。

乾燥肌の方の増加にもまた、さまざまなことが理由として考えられます。

たとえば地球の環境の変化です。

環境汚染によって、本来紫外線の降り注ぐことを防いでくれる役割を果たすオゾン層が破壊され、「オゾンホール」と呼ばれる穴が年々拡大しています。

そのため、地表に降り注ぐ紫外線の量が増えてきました。

それにともない人々の皮膚も、多量になった紫外線によってダメージを受けるようになってきたのです。

紫外線対策として、現在では様々なクリーム等があります。
こういったお手入れを怠らないことが、潤いを保つ為の努力となるのです。

? 乾燥肌予防のお手入れ





乾燥肌という状態は、ハダがかさついて気になるだけでなく、かゆみをともなってくるなど新たな悩みも生じます。

さらに、そのままにしておくと湿疹ができたり膿んだり、乾癬といった皮膚疾患の発症につながる可能性もあるのです。

早い段階で状態を改善させるための対策をとることが必要です。
また、乾燥肌が先か、皮膚疾患の発症が先かという問題もあります。

各種の皮膚疾患の症状として、乾燥肌の状態が現れるという場合もあるのです。

アトピー性皮膚炎や乾癬といった病気では、ハダの乾燥によるひびわれなども症状として見られます。

? 乾燥肌と皮膚疾患





乾燥肌は、アトピー性皮膚炎の症状のひとつとして現れる場合があります。

乾燥肌である場合には、皮膚の角質を形成する細胞がもろくなっていますので、外部から受ける刺激が皮膚の内部にまで届きやすくなっているのです。

そのため、「かゆみ」という感覚に対しても、通常の皮膚の状態に比べて敏感になっています。

ただ、アトピー性皮膚炎の要素を持っている方と単純に乾燥肌になっている方との間には、決定的な違いがあります。

? アトピー性皮膚炎





敏感肌は、ちょっとしたきっかけによってすぐにハダのトラブルに結びついてしまうというハダの状態です。

その中でも肌の乾燥に関連して生じるものが、「乾燥性敏感肌」というものです。

乾燥肌だけでなく、敏感肌も肌の水分の不足が大きな原因となっています。

乾燥性敏感肌は、乾燥肌になっていることが前提条件となるものです。

? 乾燥性敏感肌





乾燥肌という状態は、アレルギー症状のひとつとして現れるものでもありますが、逆に皮膚が乾いているからといって、必ずしもアレルギーであるとは限りません。

アレルギーはあくまでも、原因物質である「アレルゲン」に対する拒絶反応を起こすものであり、乾燥肌の原因もアレルゲンにあるということになります。

ただ、そのアレルゲンを特定することが大変であるのです。

アレルギーは本当に個人個人によって千差万別な原因をともなう病気であり、症状としてのを対策するためにも、的確な判断が必要とされます。

? 乾燥肌とアレルギー


sponsored link

乾燥肌対策委員会  All Rights Reserved  サイト内の画像?文章等の無断使用を一切禁止します